森 恕 前総務長 略歴

 昭和六年(一九三一)生、香川県高松市出身。
 幼少期に中耳炎を悪化し難聴となり、その後も高松空襲に遭うなどの中で刻苦勉励の末、香川大学から司法試験に合格し大阪で弁護士となる。三十七年(一九六二)久琢磨のもとに入門、四〇年(一九六五)教授代理、四八年(一九七三)八段を允可される。五十三年(一九七八)大東流合気柔術琢磨会総務長となり、以来、多くの門人を指導、育成する。

 平成十四年(二〇〇二)弁護士の業績で勲四等瑞宝章受賞。二十三年(二〇一一)古武道功労賞受賞、古武道協会理事に就任。二十七年(二〇一五)年同常任理事。二十六年(二〇一四)日本武道館発行の「月刊武道」に大東流合気柔術の技法解説を連載開始、これをまとめた「大東流合気柔術琢磨会 その技法と合気之術」を三十年(二〇一八)に出版した。

令和二年(二〇二〇)総務長を小林明彦に委嘱した。令和三年(二〇二一)帰幽、享年九〇歳。

タイトルとURLをコピーしました